top of page
  • 執筆者の写真松尾

スラムダンクに学ぶ基礎の重要性


スラムダンクといえば誰もが知っているバスケットボール漫画ですね

その主人公は桜木花道

彼は自分のことを天才バスケットマンと称してバスケを始めます



しかし

身体能力がいくら高くてもバスケットは初心者なので

出来ることは限られているわけです

バスケ部に入ったばかりの頃はみんなに混じってバスケも出来ず

体育館の隅っこで彩子さんに見てもらいながら

1人でドリブルの練習をしているシーンもありましたね




勉強もやはり同じです

いくら天才でも基礎が分かってないうちから応用問題を解くことはできません



この夏休みの間に塾でしっかりと基礎の復習をしましょう!

そして応用問題にもトライしてみましょう!



最近、アニメのスラムダンクの「バスケがしたいです」のあたりを見直しました

なかなか素直になれない三井と

大人になれよと諭す小暮

そして満を持して安西先生の登場!

いやー良い作品です





倉敷の学習塾 松樹庵

Comentários


bottom of page